婚活に悪戦苦闘する女性とは?

結婚がしたいと本気で婚活を頑張っているにも関わらず、婚活に悪戦苦闘する女性も多いものです。では、なかなかうまくいかず婚活で苦戦してしまう女性の特徴についてみてみましょう。

まずは、あまりにも結婚相手への理想が高過ぎるということです。婚活を続けていく中で色々な男性を見てきたことで、自分の中の理想の結婚相手像がどんどん高くなっていくのです。高身長で高収入、優しくて義親とは別居の次男坊、こんな男性像ができあがっているのかもしれません。これではいくら婚活を頑張っていても結婚はできないでしょう。そんな男性がいたとしても、もうとっくに結婚をしていて、婚活の場にはいないものだと考えておきましょう。理想と現実は違います。高過ぎる理想を一度リセットして、現実にしっかりと目を向けることで、それまで見えなかったものが見えてくるかもしれません。

自分の外見磨きを怠っている女性も、婚活ではかなり苦戦するようです。女性はぽっちゃりの方が男性受けがいいということを理由に、女性らしいくびれなどはどこにもない緩みっぱなしの体型、肌の手入れもせず、ナチュラルメイクと見せかけて実は本当のスッピン状態、これでは婚活の場で男性に選んでもらうことは到底難しいでしょう。そのうえおしゃれにも一切興味がないとなれば、本当に結婚をしたいと思っているのかさえ、疑問に感じられるかもしれません。婚活をするうえで、第一印象は何より重要だということを忘れてはいけません。男性は、清楚で清潔感の感じられる女性を結婚相手に選びたいと思うもの。身だしなみには十分気を付け、清潔感を意識することが何より大事です。もちろん人は見た目だけではありませんが、最低限の身だしなみをしていなければ、中身すら見てもらえないのです。第一印象が、婚活の明暗を決めてしまうと言っても過言ではありません。

いくら頑張っても婚活に苦戦しているという人がいたら、少し立ち止まってみましょう。本気で結婚がしたいと考えているなら、今の自分はどうなのか、冷静に見つめ直してみるのもいいかもしれません。

コミュ力◎話し好き・社交的・積極的なら婚活パーティーへ参加すべし

婚活と言ってもいろんな方法があるとは思いますが、婚活パーティーが向いている人というのはやはり話すことが得意な人や、コミュニケーション能力が高い人でしょう。人が好きなタイプの方が婚活パーティーで向いているともいえるでしょう。

多くの方が親しみやすくて自己開示をしてくれるような方のほうが話しやすいし付き合いやすいと思います。ですから、婚活パーティーでよい人を見つけることができる人になるためには、ほかの参加者よりも話し上手や聞き上手になって感じの良い笑顔なども自然とできるような人になったほうがよいでしょう。

また、婚活パーティーが向いている人は社交的な人で、積極的な人も向いているでしょう。たとえば、自分ばかりではなく他人に興味をもって話を膨らませることが上手な人はパーティーも楽しめそうですね。

逆に非社交的で消極的な人だと、パーティー会場でも待っているだけでなかなかほかの人が喋りかけてくれないとかかわりを持つことすら叶わないかもしれません。いくらイケメンや美女だったとしてもあまり人とかかわるのが好きではないような方だとうまく話がはずみません。

たとえば相手が外見重視の方だったら無口なシャイな感じでも外見がその人の好みであれば好意的にみてくれることもあるかもしれませんが、付き合っていくにあたってやはり面白みにかけると判断されてしまうこともあることでしょう。
自分のアピールもある程度できる人でないと、引っ込み思案な感じですと壁の花になるだけです。こういうのは生まれ持ってのものもあるかもしれませんが、努力次第では婚活パーティーに向く人になることもできることでしょう。あとは、よく喋る人でも自分が喋るばっかりではいけません。相手に対する思いやりも必要でしょう。

30代男性社会人|容姿作りと女性との出会い方

30代は、昔のように容姿も若くないので、無理に若さを作る必要はありません。30代には30代なりの色気がついてくるため、その利点を活かしましょう。その利点を最大限活かすためにも、まずは服装です。特に男性はスーツを着こなすことが近道です。スーツ一つで女性の印象は大きく変わりますし、ダボダボやシワシワのスーツを着ていても何の魅力もありません。自分の着丈にあった細身タイプで、デザインは若い方向けのスーツを選びます。

まずは服装に気をつけましょう。会社内ではいい人がいないと決めつける必要はありません。あなたが変わることで、周りの女性からの印象が変わるため、思いがけないところから発展する可能性があります。

それでもなかなか会社内で難しい場合は、コンパ婚活パーティーに積極的に参加しましょう。友達や同僚にコンパを依頼することはもちろんですが、あなた自身からもコンパかまできるつてがないか探します。自分だけが受け身でコンパに参加するのは、友達や同僚にも失礼です。コンパもギブアンドテークが大切で、友達がコンパを開いてくれたら、自分もコンパを開き、良い関係を作る必要があります。その繰り返しで、出会えるチャンスは広がっていきます。

また、婚活パーティーは一人で参加できるので、友達や同僚に気を使う必要はありません。例えば、婚活パーティーには100対100の大型パーティーなどもあるため、幅広く女性と出会えるチャンスがあります。男性が100人いると、あなたの容姿や印象が大切になってくるので、スーツを着こなし、積極的にコミュニケーションを取りましょう。

仮に、結ばれなくても連絡先の交換をすることで、コンパを開くことができるかもしれません。婚活パーティーには、出会いを求めて女性も参加しているため、そのパーティーで縁がなかった分、コンパには積極的に調整してくれることだってあります。あなたの友達や同僚とも出会えるチャンスですから。